快適に移動できる【高速バス活用法をチェック!】

バスの模型

人気のバス会社

高速バスは需要が増えている為、様々な高速バス会社が登場しています。バス会社によってサービスの質や乗車料金が異なってきます。なので、事前に調べてから利用しましょう。

詳しく見る

運転手

バス会社について

バス会社によっていくつかの特徴があります。また、地域によって走っているバス会社は異なります。なので、初めて乗る人は調べてから乗ると良いです。そして、高速バス乗車の必需品について紹介します。

詳しく見る

車内

持っていきたいもの

高速バスに乗るのであれば、快適に過ごしたいものです。快適に過ごす為には、携帯スリッパや耳栓などのアイテムを持って乗車しましょう。また、寒い季節にはカイロなどを持参すると良いです。

詳しく見る

バス

軽食を用意しよう

高速バスに乗る際には、アイマスクやネックピローを持っていけば快適に眠りにつくことが出来ます。また、お腹がすいた時の為に軽食を用意しておきましょう。おにぎりやサンドイッチなど臭いや咀嚼音が強くない食べ物がおすすめです。

詳しく見る

バス

消灯後について

高速バスは、夜間に出発する場合、乗車後に消灯します。消灯した後には、睡眠をとる乗車がほとんどなので、きちんとマナーを守って過ごしましょう。リクライニングの使用やたばこなどはきちんとルールを守るべきです。

詳しく見る

高速バスに載ろう

バス

高速バスを利用する際のメリットとして挙げられるのが運賃の安さもそうですが、運行の多さも魅力ですよね。東京から大阪、名古屋、仙台など各主要都市へ毎日運航しています。さらに東京ディズニーランドやユニバーサルスタジオジャパンなどテーマパークへの直行便も増えてきているので飛行機や電車など乗り換えもなく目的地へ到着するのも良いですね。さらに旅行だけではなく地方から出てきた人たちが気楽に帰省できるのも高速バスのメリットなのではないでしょうか。 各都道府県の高速バスはどのくらいの路線があるのか調べてみました。さすがに北海道は道内だけの高速バスの運行が多いようです。東北地方からは東京都、千葉県、茨城県など6都市、関東発では京都府や大阪府、青森県や岩手県など31都市、北信越発では東京都、千葉県、神奈川県など5都市、東海発では15都市、関西発では23都市、中国・四国発では9都市、九州発では9都市など高速バス会社にも寄りますがほとんどの県から高速バスが発車しています。さらに都市から都市までの運行だけではなく、高速バス会社によってツアー企画を組んだり宿やホテルなどの宿泊プランがあったり、フェリーや高速バスとの連携などで目的地までスムーズに運航するプランが出ています。このように高速バスを利用することで低料金でいろんなプランを楽しめますね。また高速バスを利用して年配の方に人気の日帰り〇○企画などにも人が集中していると聞きます。電車や飛行機、車などの旅行も良いですが、高速バスを利用して楽しめるというのもオススメです。